台湾旅行のレンタルWifi【安い!】を比較してみましたよ!

今や台湾旅行の必需品となった海外用レンタルWifi!

こんにちは、最新の “お役立ち情報” をお伝えする「Recommend Style」の横山です。

今や海外旅行の必需品となったレンタルWifi

……今回は、台湾旅行におけるレンタルWifiの【安い!】を比較してみました。

どうぞ、参考になさってください。

台湾のWifi事情

日本人観光客に人気の高い台湾は、台北などの都市部や観光スポットの周辺で無料で利用できるWifiサービスが充実しています。

台湾には公衆電話や公共施設の他に、多くの飲食店や空港に公衆無線LANの基地局が設置されていて、観光客でも街中で無料でインターネットが利用できます。

ただし、利用者が多いと電波が届いても通信速度が遅くなってしまいますし、機器の不調などでサービスが利用できない場合もあります。

日本でもショッピングモールなどの無料Wifiサービスで利用者が多いと繋がりにくいことがありますが、台湾でも同様に無料サービスは回線が不安定な場合があります。

当然の事ながら、公衆無線LANではメールやパスワードを入力するようなサイトに接続することはできませんし、電波は遠くまで届かないので歩きながらネットに接続することはできません。

無料サービスは補助的に利用するようにしましょう。

インターネットに接続ができるホテルがありますが、高級ホテルは接続料金が有料の所が多いです。

台湾でメールの送受信をしたり移動しながら地図検索を利用する際は、携帯電話の国際パケットサービスかレンタルWifiを利用することをお勧めします。

台湾に海外旅行に行くなら絶対「海外レンタルWifi」がお勧め!

台湾旅行の際に移動中にも確実にインターネットに接続するために、携帯電話の国際パケットサービスか海外レンタルWifiサービスを利用することができます。

日本の携帯電話会社の国際パケットサービスを利用すると、1日1台あたり3千円もかかってしまいます。

SIMフリーの携帯電話を利用して現地でSIMを購入する方法もありますが、1人1台ずつSIMを購入する必要があります。

現地でSIMを購入してスマートフォンに挿入して使用する場合でも、1日あたりの通信量の制限値を超えると接続ができなくなってしまうので、通信量あたりで換算すると利用料金は高くついてしまいます。

携帯電話・スマートフォンのSIMを利用するよりもレンタルWifiのルーター端末を利用すれば何人かで共有することができますし、ルーターの充電器を使ってスマートフォンやタブレット端末の充電もできるので一番お勧めです。

業者によっては、ルーター端末以外にも予備バッテリーやタブレット端末も安い料金で借りることができます。

データ通信量あたりの料金や利便性を考慮すると、海外レンタルWifiを利用するのが賢い選択だと言えます。

レンタルWifiを比較するのはこの3社!

そんな便利な海外用レンタルWifiを探したいとき、お勧めできる会社は3社あります。

その3つは

・イモトのWiFi

・ワイホー(Wi-Ho!)

・グローバルWiFi

になります。


■[イモトのWiFi]の概要


[イモトのWiFi]は500MB/日または1GB/日から選ぶことができ、ヘビーユーザーや同時に複数の端末で通信をする人に向いています。

一般的にモバイルWifiルーターを利用する場合に、1日あたりの通信量を越えなくても一時的に大量の通信を行うと回線が遮断されてしまう場合があります。

イモトのWiFiで1ヶ国プランを選択した場合には通信量制限を受けないサービスが付いているので、一時的に大量の通信をする人に向いています。

イモトには250MB/日の設定がありませんが、ノートパソコンのみで利用する人のために、料金が安いUSBタイプの端末を選択することができます。

30日以上の長期利用者向けの割引サービスもあるので、ビジネス目的で台湾に訪問する方や長期滞在をする方にお勧めです。

イモトのWiFiは台湾であれば高速通信が可能な4G(LTE)プランまたは料金が安い3Gプランのいずれかを選択することができます。

回線速度を重視しない方であれば、料金が安い3Gプランがお勧めです。

ルーター端末以外にもオプションでモバイルバッテリーをレンタルすることができます。


■[ワイホー(Wi-Ho!)]の概要


[ワイホー(Wi-Ho!)]のレンタルWifiの特徴は、全体的に他社よりも低料金に抑えられていることです。

地域によって利用料金は違いますが、アジア方面であれば他社よりも安い場合が多いです。

これに加えて2ヶ国以上を訪問する際の「周遊プラン」の料金も安く抑えられています。

ワイホー(Wi-Ho!)で1ヶ国プラン(台湾のみ)を選択する場合には高速通信が可能な4G(LTE)回線を利用しますが、4G回線同士で比較すると他社を利用するよりも安上がりです。

通信量プランは250MB/日・500MB/日・1GB/日の3種類から選ぶことができます。

ホテルや飲食店で無料のWifiサービスを活用すれば、レンタル料金が安い250MB/日プランを選択することもできます。

ただし、都市部から離れる場合には500MB/日または1GB/日のプランを選択した方が良いでしょう。

ワイホー(Wi-Ho!)は期間限定のキャンペーン中にインターネットで申込をすれば、割引料金が適用される場合があります。

ルーター端末以外にもオプションで予備バッテリーやスマートフォン用の広角レンズ、USBカーチャージャーをレンタルすることができます。


■[グローバルWiFi]の概要


[グローバルWiFi]の特徴は利用可能エリアが広いことと、オプションサービスが充実していることです。

台湾旅行の際にグローバルWiFiを利用する場合には、高速な4G回線(250MB/日・500MB/日・1GB/日)または料金が低めに設定されている3G回線(250MB/日・500MB/日)の5種類のプランから選ぶことができます。

グローバルWiFiを利用するとオプションとしてモバイルバッテリーやUSBカーチャージャーの他に、タブレット端末(iPad miniまたは第4世代)もレンタルすることができます。

携帯端末を持っていない方でも台湾旅行で移動する時に、便利なタブレット端末を利用してインターネットに接続することができます。

また、グローバルWiFiであればレンタルする機器を現地で受け渡しすることができます。

希望すれば台北松山国際空港か、台北市内のホテルで機器を受け取ることが可能です。

タブレット端末のレンタルサービスを希望する方や、現地で機器を受け取りたい方にはグローバルWiFiが一番お勧めです。

3社のレンタルWiFi料金の【安い!】を比較


■[イモトのWiFi]の料金

台湾に観光旅行をすると仮定して、1日あたりのレンタルWifiの利用料金を計算してみます。

利用期間は台湾旅行にちょうど良い時期である秋(10月4日~9日)の4日間で、レンタル機器のみの補償サービス付き、羽田空港で機器を受け渡しすると仮定します。

予備バッテリーなどのオプションサービスは料金に含まれていません。

3G回線で500MB/日であれば1139円/日です。

4G回線の500MB/日であれば1739円/日、1GBプランは2039円です。

1人だけで利用する場合には、安い3G回線プランを選択することもできます。

何人かで利用する場合には4G回線を選択した方が良いでしょう。

1GB/日プランを選択すると1日あたり2千円と高めですが、5人で一緒に利用すれば1日あたり400円なので、現地でSIMを購入するよりもお得です。

イモトのWiFiは同時にインターネットに接続して一時的に大量の通信を行っても接続制限を受けることがないので、グループで旅行する場合にお勧めです。

あと、イモトのWiFiはルーター端末が小型なので、持ち歩く際に便利です。

公式サイト

【イモトのWiFi】


■[ワイホー(Wi-Ho!)]の料金

ワイホー(Wi-Ho!)でも同じように、10月4日~9日の間に台湾(1ヶ国のみ)に旅行に行くと仮定して1日あたりのレンタルWifiの料金を計算してみます。

オプションとしてレンタル機器のみの補償料金を含みます。

ワイホー(Wi-Ho!)は高速の4G回線のみです。

250MB/日であれば941円/日、500MB/日であれば1241円/日、1GB/日であれば1441円/日です。

ワイホー(Wi-Ho!)では機器の受け渡し方法として日本国内の宅配便または日本の主要空港のみでオプションサービスが少ないのですが、料金が安いことが最大のメリットです。

特に250MB/日プランであれば1日あたり千円を切るので、1人で利用する場合やホテルや飲食店などで無料で利用できるWifiサービスを活用すればかなりお得です。

1GB/日プランを選択して5人で一緒に利用すれば1人1日あたり300円で済みます。

ちなみにアジア10ヶ国で利用できる周遊プラン(500MB/日・4G回線)を選択しても1631円/日と低めに設定されています。

公式サイト

【ワイホー(Wi-Ho!)】


■[グローバルWiFi]の料金

グローバルWiFiでも同じように10月6日~9日に台湾(1ヶ国のみ)で利用するケースを仮定して料金を計算してみます。

グローバルWiFiは3G回線(250MB/日・500MB/日)と4G回線(250MB/日・500MB/日・1GB/日)の5種類のプランから選択することができます。

機器の受け渡し場所は羽田空港を仮定し、機器の補償サービスを付けます。予備バッテリーやタブレット端末などのオプション利用料金は含まれていません。

3G回線であれば250MB/日で994円/日、500MB/日で1294円/日でした。

4G回線を選択した場合ですが、250MB/日で1294円/日、500MB/日で1494円/日、1GB/日で1694円/日でした。

同じ条件であればグローバルWiFiの料金は「イモトのWiFi」よりも安く、ワイホー(Wi-Ho!)より高いことが分かります。

割引クーポンを活用すれば、もっと安く利用できる場合があります。

現地で機器の受け渡しを希望する場合や、iPadのレンタルサービスを希望する方にはグローバルWiFiがお勧めです。

公式サイト

【GLOBAL WiFi】

まとめ

さて、これまでの3社の比較は、いかがでしたでしょうか?

秋の時期に台湾に4日間の行程で観光旅行に行くと仮定して、「イモトのWiFi」「ワイホー(Wi-Ho!)」「グローバルWiFi」の3社でレンタルWifiの利用料金を比較した結果、ワイホーが一番安いことが分かりました。

4G回線で500MB/日プランの料金を比較した場合、イモトでは1739円/日でしたがワイホーであれば1494円/日で、1日あたり498円もの違いが出ました。

同じ日程で同じ場所で利用する場合でも3割以上も料金が違う場合があるので、レンタルWifiを利用する際は複数の業者を比較することが大切です。

ちなみに台湾の都市部は無料で利用できるWifiサービスが充実しているので、無料サービスを上手に活用すれば通信量が少なめのプランを選択しても大丈夫です。

今回仮定した時期・利用期間であればワイホーが一番安かったのですが、台湾でも利用時期や利用期間が違うと他社の方が安くなる場合があります。

業者によっては期間限定の割引キャンペーンを実施する場合もあるので、公式サイトを利用して見積価格を調べてから利用する業者・サービスを選定するようにしましょう。

イモトのWiFi


ワイホー(Wi-Ho!)


グローバルWiFi


■LINK■